『多胎育児サークル ハッピーキッズ 旭川支部』

旭川市内、近郊で活動するハッピーキッズをお知らせしているブログです。 にぎやかな活動風景もお届したいです。

「ふらのツインズ」との交流会‏

晴れ渡る秋晴れの中、10月5日(日)に、な、なんと!『ハッピーキッズ 旭川支部』 『ふらのツインズ』 上富良野町『双子の親子』 との交流会が行われました。
24.png

会場は、上富良野町役場にお勤め、大学生ツインズママ、Yさんのお力添えで、上富良野町総合保健福祉センターを使わせていただきました。

23.png 22.png



『ハッピーキッズ 旭川支部』12組、『ふらのツインズ』8組、上富良野町『双子の親子』4組が参加して下さいました。
26家族。母26人、父6人、祖父1人、祖母1人、双子46人、兄弟姉妹15人の合計95人。

34.jpg


サポートに上富良野町社会福祉協議会から、託児ボランティア7人、富良野市周辺のファミリーサポートセンターから5人の育児ボランティアさん、合計12人の有志のみなさんが関わって下さいました。ありがとうございました。

25.png

「ふらのツインズ」は、昨年開催した、多胎育児サークル ハッピーキッズ旭川支部 10周年記念講演会(その模様の記事はこちらから♪ ⇒ )をきっかけにできた、富良野市近郊の双子育児サークルです。

現在10組の親子が集ってる、『ふらのツインズ』は、生後2ヶ月から3歳くらいまでの双子がメインのサークルです。
月1回の集会内容は親子で遊んだり、小さくなった衣服の交換をし合ったりしています。
夏にはピクニックも開催。
富良野市では有名な藤井牧場でチーズを堪能されたそうです。
ボランティアさんの協力で外出できたそうです。




ハッピーキッズ 旭川支部は、双子の年齢が生後4ヶ月から12歳と幅が出てきて、それはそれはこんな風に成長するという姿を見せてくれました。

初の鷹栖町から離れての集会は、上富良野町Yさんの手助けなしには、実現できない集会でした。また、『ふらのツインズ』舘下代表とも綿密な打ち合わせをさせいただきました。
育児ボランティアの手配や会場確認など小さな双子ちゃんを抱えての奔走は大変だったと思います。
ありがとうございます。

前日まで託児できる育児ボランティアさんの確保ができなく、託児という形はとらず、親子に寄り添いながら、サポートしてしていただきました。4歳以上の子どもたちは、ハッピーキッズの小学生高学年たちが遊びを企画してくれました。ファミサポのサポートあっての中、安全に過ごせました。みなさん、重ねてお礼申し上げます。ありがとうございました。

71.jpg 


グループトークは、①1歳~3歳の女の子の双子 ②双子を含む4人兄弟 ③男女の双子 ④男の子の双子 ⑤双子+兄弟姉妹 に分けました。

101.jpg

残念だったのは、お父さんたちがグループトークに加われなかったことでした。
母がメインのグループトークになってしまったので、父たちはどうしても子どもたちのお世話優先になってしまい、たぶん物足りなかったのでは無いでしょうか?

117.jpg 

今回もまたまた時間が足りなく、ちょっと不完全燃焼で終わった感もあります。
グループトーク後、いったん閉めまして午後から自由交流会にしました。
『ハッピーキッズ 旭川支部』と『ふらのツインズ』、サークルの情報交換もできました。
【また来年も交流会しよう!】と話が持ち上がりました。


10周年記念講演会が、このような形で仲間や双子の支援者の輪が広がり、とても嬉しかったです。


開催にあたり、携わっていただいた沢山の方へお礼申し上げます。
ありがごうございました。


スポンサーサイト

Top

HOME

                  多胎児サークル ハッピーキッズ旭川支部

Author:                  多胎児サークル ハッピーキッズ旭川支部
発足から12年目を迎えた多胎育児サークル ハッピーキッズ旭川支部です。

現在の閲覧者数:

この人とブロともになる

QR